歯周病治療の新しい方法

歯周病は、歯についた汚れが原因で起こる病気です。

虫歯と同じように、症状が進んでしまうと、どんどん進行してしまい、風邪のように自然に治るということはありません。歯周病治療では、汚れを除去するという治療がメインで行われていきました。

自宅では歯磨きを行い、歯科医院では歯ブラシでは落とせない歯石の除去を行います。
こうすることで、軽度な歯周病なら歯茎の腫れが引いて健康な状態に戻ることができます。しかし、中度から重度になってしまうと、これだけの歯周病治療では効果を得ることが難しくなります。そのため、麻酔をして歯茎の中に入り込んだ歯石を除去したり、場合によっては貼れた歯茎を切除するなどの外科的な処置が必要になります。

歯周病は、痛みがないので、気づかない間に進んでしまう傾向があります。
歯磨きの際に鏡で歯茎が腫れていないかチェックするなど、自分で状態を確認する習慣をつけるといいでしょう。
歯ブラシで出血するようなら、歯茎が腫れている証拠です。
また、今までの治療は重度の歯周病を健康な歯茎にするのが難しいと言われてきました。

歯周病で、歯を支える骨が溶かされるとなかなか回復しないためです。



そこで、新しい歯周病治療では、レーザーで歯茎の中の菌を殺菌したり、骨の元になる成分を使うなどしています。



将来的には、再生医療を使うことで歯茎と骨を回復させる治療も期待されていますが、まだ臨床段階にはなく、実用化されるまでには時間がかかりそうです。