歯周病治療の決め手は歯石除去

歯周病治療をすることで、進行を抑えましょう。
歯石は正しい歯磨きをしていれば付着しませんが、実際には間違った方法で磨いている方が多いのです。

また唾液のカルシウム分、食事内容などにより、溜まりにくい方とそうでない方がいます。

歯周病治療の基本は、歯垢と歯石を溜めないことなのです。

歯垢はブラッシングで落とせますが、歯石になると除去できません。
歯垢の段階で落とすようにすれば大丈夫なのです。歯を磨いたあとは、舌で歯をなぞってみるといいでしょう。
ツルツルしていれば問題ありませんが、ベトベトしていたら歯垢が蓄積しています。



歯垢の染め出し液を使用すれば、どの部分がよく磨けていないのかわかります。30代になると歯周病の発症率が上がりますが、これは免疫力が低下してくるためです。

歯周病を防ぐためには、生活改善をして免疫を高めていくことが大切なのです。



風邪をひきやすい方は抵抗力が弱っているので、規則正しい生活をして向上させましょう。


歯周病治療は早く始めるほど効果が高いので、口内環境の変化を感じるようになったら検査が必要でしょう。歯石が沈着していなくても、口内環境が悪化しているケースはあります。



口臭が強くなってきた、口内がベトベトするようになった、などの自覚症状がある方は検査を受けるべきです。

今の生活により歯周病を発症させている以上、何か対策をしなければ抑制することはできません。
歯医者に行く目的は、正しいケアの方法を教えてもらうためでもあります。