歯周病治療で行うこと

大人の8割がかかっているという歯周病は、痛みがなく進行していくので、気づいたときには重症化していることが多いです。

歯周病は、汚れの中にいる菌が原因であることが分かっています。

そのため、歯周病治療では、菌を除去していくことが重要になります。

歯周病治療を始める前に、歯茎の検査をして状態を確かめます。

ポケットと呼ばれる、歯茎と歯の溝の部分の長さを測定することで、どの程度歯周病になっているかが分かります。



軽度なうちであれば、歯石除去をしただけで歯茎の状態は回復しますが、症状が進んでしまうと、歯茎の中まで歯石が入り込み、時間をかけて歯石を取り除く必要があります。そのため、歯周病治療は虫歯のように削って詰めるという簡単な治療ではなく、根気強く行わなければいけない治療です。


歯茎が腫れて、歯磨きの際に出血するようであれば、歯周病になっていることが疑われます。

できるだけ早期に行くことで、治療回数も減らすことができます。



最近歯が伸びたような気がしたり、歯がグラグラして噛みにくという症状があれば、歯周病は大分進行しています。

ここまでくると、歯を支えている骨が溶かされてしまったので、元の状態に戻ることは難しいです。そのため、歯石を取ったあとに、歯茎を切り開く簡単な手術をして、骨の元になるものを骨に使うこともあります。歯周病の進行を食い止めるためには、自宅での歯磨きも大切なので、歯磨き指導を受けてきれいに磨けるようにすることがポイントになります。